メールに署名をつける - Outlook (アウトルック) - Microsoft atLife TIPS アーカイブ

Microsoft Outlook Tips


署名のあるメールは信頼できるし、わかりやすいもの。いつでも決まった署名を入れられたり、相手によって変えたりと署名を使いこなしましょう。









  1. Outlook ウィンドウで [ツール] メニューの [オプション] を選択すると、[オプション] ダイアログ ボックスが表示される。(1-1)




  2. [メール形式] タブをクリックする。(1-2)


  3. [署名] を選択すると、[署名とひな形] ダイアログ ボックスが表示される。(1-3)




  4. [新規作成] を選択すると、[新しい署名] ダイアログ ボックスが表示されるので、設定したい署名を作成する。(1-4)




  5. 作成した署名に名前を入力し、[OK] を選択。この方法で複数の署名を設定できる。(1-5)

    → [署名とひな型] ダイアログ ボックスに戻る。






ヒント:作成した署名の内容を変更するには



[署名とひな形] ダイアログ ボックスを表示し、[編集する署名の選択] ボックスの一覧で変更したい署名を選択して、[署名の編集] ボックス内で署名の内容を変更する。





ヒント:署名の入ったメッセージを作成するには



[署名とひな形] ダイアログ ボックスで署名を設定しておく。[新規作成] ボタンなどで新しいメッセージの作成操作を実行すると、最初から署名が挿入されたメッセージ作成ウィンドウが表示される。

複数の署名がある場合は、いつも入れておきたい署名を[既定の署名の選択] で選択しておく。








こんなワザもあります。



Outlook のデータをバックアップ保存する



Windows 7 Professional アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル



Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱)



Windows 7 Professional SP1 アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル SP1



Windows Server、Office 2013シリーズ、プログラミングソフト、CADソフト、データベース、Windows7、Office 2010シリーズ、FileMaker、ホームページビルダー、セキュリティソフト、Windows8、Adobe、画像・動画編集ソフト、Office Mac、会計・業務管理、バックアップソフト、ユーティリティソフト

この記事へのコメント